故障したら

基盤修理

ハードディスク故障時の症状には、パソコン動作が非常に遅い、OSが入っていないパーテイション領域が使用できない、OSが起動しない、電源が入らないなど様々です。ハードディスク故障によって生じたパソコンデータは、復旧困難となるケースが多く、専門業者への依頼を余儀なくされることがあります。 しかし、その前に自身で復旧できる可能性は少なからず存在します。簡易的に出来る手段として2つ挙げられますがその一つは、ハードディスクの取り出しから行う事になります。取出したハードディスクを正常起動しているパソコンに、SATA接続や専用キット接続によって行い、セカンダリディスクとしてパソコンデータを吸い上げる方法です。 もう一つには、BIOSによってOS起動できるCDブートを利用する事です。故障したハードディスクからのOS起動ではないため、ハードディスクは記録媒体として扱われる事になります。これらの手段によってわずかなパソコンデータ復旧の望みがあるのです。

前述したパソコンデータ取り出しの手段では、破損しているパーテイション領域のパソコンデータの復旧は出来ません。あくまでも生き残ったハードディスク領域が対象となります。また、SATA接続によるデータ復旧は、同一OSでないと認識しない事があるので注意が必要です。 データの損失しないためにもバックアップを取る対応が日常茶飯事に行われますが、定期的なバックアップ作業も困難かつ容量の問題に直面するものです。 先ほどの、SATA接続によるデータ復旧を踏まえて、パーテイションごとにデータバックアップを作成しておくと効率よくデータ復旧できるものとなります。OSに付属したシステムを用いれば、容量を抑えつつ自動的なバックアップを行ってくれるので万一の場合にも有効な手段となります。どちらかのパーテイション領域が故障しても、他方のパーテイション領域でデータ復旧させる工夫となります。 さらに、外部の記録媒体へバックアップする事で、ほぼ完全なデータ復旧が可能となるのです。