コピーの必要性

色彩確認

大容量のデータをバックアップする手段には、hddコピーやサーバー運用が挙げられます。バックアップ容量の観点から、hddコピーは個人データ、サーバー運用では企業データとして取り扱われる事が一般的です。しかし、中には個人でサーバー運用する方も存在します。 個人データの利用目的において、その他記録メディアも大容量でバックアップする事は可能な時代になりましたが、やはりhddコピーは効率が優れるものとなります。 hddコピーはトラブルが発生した時の為のバックアップ、サーバーはトラブル対応に加え大容量のデータ保管とそのデータ利用拡大と大きな目的の違いがあります。個人で大容量データをバックアップしたい場合には、どのような利用目的があるかによって決定されるものとなります。

hddコピーを実際に行う場合には、予備となるhddに加え、専用装置と専用ソフトが必要になります。専用装置といってもケーブル1本で可能な場合もあり、非常に低コストで行える特徴があります。単なるバックアップとしては十分な役割を果たす為、利用価値が高いものであります。 一方、サーバー運用では、容量に応じて金額が膨れ上がり、システム管理にも費用が付きものです。個人用サーバーとして市販で購入する事も可能ですが、バックアップシステムとしての十分な知識が必要となります。市販されているサーバーは小規模ながら低価格で購入することが出来ます。hddコピーと比較する場合、明らかに費用拡大は生じますが、先ほども述べた様に利用目的が拡大するものです。 hddおよびサーバーは、容量拡大が著しい傾向にありますが、金額の割合は低下の傾向を見せています。今後どちらも、より大容量かつ、より低コストで行えるバックアップシステムとなる事は間違いありません。